出版事業

出版事業


キャリア関係の各種の出版企画、雑誌等への執筆、取材対応などを行います。

 PR用電子出版制作

パーソナルプロモーションのための電子出版のお勧め

 電子出版企画制作執筆、電子出版既存サイトへの登録など起業家、

 企業経営者、スペシャリスト、資格業の方などにPR用電子出版をお勧め

 します。

電子出版支援サービス

1.簡単にできる電子出版

 電子出版とは、ワープロで書いた原稿を、PDF、EPUBなどのデータ
フォーマットにし、印刷不要でオンラインで相手にメールに添付して届けられる
デジタルコンテンツです。

 現在出版界は不況で紙の本は売れず商業出版は簡単には行いづらい状況があり
ます。一方従来の自費出版とは、ただ著者が印刷費製本費その他制作費を丸ごと
負担し、実際には書店流通が困難なもので、費用が多額にかかるものです。
また商業出版との提携出版も自費出版形態を原型としているため、出版社の銘柄
によってことなりますが300500万円程度の費用(書籍の買取など)がかかる
方式です。また流通はしない形で本だけ作るのは印刷製本費だけですが、
それでも部数によりますが数十万円以上はかかります。

 そこで注目されるのが費用が最小限ですむ電子出版です。ハードの開発製造が
進み、各種のタブレット、書籍リーダーが競うように販売されています。
また、流通販売面でも一般個人の方でも自由に電子出版物を制作し販売すること
が可能になってきました。国内のいくつかの電子出版サイトでの申請販売は可能
であり、アマゾンが行うキンドルストアも日本進出し日本国内、世界での
電子出版の自由な販売が可能になっています。

 

.電子出版をPRに使おう

 電子出版で制作販売はできる時代にはなりましたが、売れるとなると別問題です。
そこで売るのではなく本業のPRツールとして使うことを提案いたします。
本格的な読ませるパンフレットであり、個人のブランド化、権威付けを
プロモーションするものです。コンサルタント、カウンセラー、資格業などの
スペシャリストには極めて有効なプロモーション方法です。

 印刷・流通費用はかからないのですから、多くの方にオンラインで配布でき、
新規顧客の開拓に有効です。

 

3.電子出版支援サービス

 (パソコン中心。携帯・スマホ向けは別途お問い合わせください) 


①忙しい方向けのトータルサービス

訪問(1回)しお話をうかがいし(2時間程度)、資料を提供していただき、
こちらで出版原稿を執筆し、その後の電子出版制作、販売サイト登録まで行います。

 (1)企画取材費 30,000円(都内および近郊)

 (2)原稿制作料 A41ページ
 (1行4040行=1,600字 400字詰め原稿用紙4枚)4,000円。
一般の書籍ですと1ページの文字数は600数十字程度。ページ数は200ページ程度。
50ページ程度の書籍型のブックレット(小冊子)をつくり1ページに600字程度はいる
場合は30,000字。原稿制作料は4001,000円として75,000円。   

 (3)電子出版販売サイト(パソコン中心)登録申請 データ変換

  国内サイト(パブー、でじたる書房、DL-MARKET、コンテン堂、文楽など。
フォーマット形式はPDF中心に一部サイトではEPUBでの提供もされており
スマホで読むこともできます) 1サイト5,000

  キンドルストアについてはお問い合わせください。


②編集・登録申請代行サービス

 お客様でワープロで原稿制作したものを、章立て、項目立て、文章校正などをし
上記(3)の電子出版販売サイト登録申請(データ変換)を行います。

 (1)編集費 30,000円より

 (2)登録申請 国内サイト5,000円、キンドルストアは別途お問い合わせください。

また電子出版販売サイト登録申請のみも行います。


③プロモーションサービス

 (1)出版元請負

 出版元をご自分・自社にされるよりも第3者の企業から出された方がプラスと
お考えの場合、(株)ライフワークなどの企業から出版いたします。
著者名はお客様名になります。

出版元請負費 20,000円から(読者の問い合わせに対応します。初年度1年間対応)

 (2)出版プロモーション

  お打ち合わせにより、

 ・ Webプロモーション

Facebook、サーチエンジン、Webサイト構築、マスコミパブリシティなどでの
プロモーション支援をいたします。(それぞれ専門特化したスタッフが対応します)

 

メールマガジン、ブログ制作発行支援サービス

 

 一気に電子出版はネタがないという方には、メールマガジン・ブログで情報原稿
を書き溜めてから電子出版をすることも現実的です。

 またメールマガジン・ブログはPR手段として機動的で即効性があります。
特にメールマガジンは、こちらからアクティブに相手にPRするツールとして見直
されています。

 課題は、どうしても定期発行もしくはそれに準ずる程度の発行頻度をもって情報
発信しないと影響力が出てこないため、1つには、忙しい方、また文章を書くのが
面倒な方には作業負担があること。2つには、メールマガジンの送り先リストを
どうするかです。自分の周辺人脈名刺交換先に配布している例が多くあります。
次に自社サイトでのメルマガ購読申し込みがあります。さらに他のメルマガや
サイトでの広告や、営業先ターゲットとなる企業などへのメールDMでのPRと
メルマガPRがあります。メルマガ購読促進などについてのプロモーションについて
は、Webサイト構築、Facebook活用などの手段の複合化が有力で、他の当研究会で
の専門サービスと連動して行うことが可能です。

     メールマガジン・ブログ原稿作成・「まぐまぐ」などでの発行支援サービス

(1) 企画・原稿制作費 15,000円~ 

   定期発刊が原則となります。週刊、隔週刊、月刊など。

   原稿の素材となる情報は提供いただきます。原稿制作はこちらで行います。

   原稿量により若干価格は異なります。

   契約期間は3ヵ月以上、最低発行回数は3回以上となります。

(2) メールマガジン無料配布サービス「まぐまぐ」「メルマ」への登録申請、
   発行代行

   登録 申請3,000円 発刊代行1回1ヵ所1,500

上記(1)とのセットの場合のみ行い、原稿制作の伴わない登録申請、発行代行は
おこないません。

なお「まぐまぐ」「メルマ」でのメルマガ読者のアドレスは提示されません。